humm…

Posted on 10月 31st, 2007 by SEEBRA.
Categories: etc, Football, TV.

「おっ」と思った。
フジテレビの「チャンピオンズリーグダイジェスト」を見ていたところ、意外にもゲストがあの森山直太朗だったのだ。

聞けばなんと中学・高校とサッカー部で、しかもキャプテンまで務めていたのだという。はっきりいって全く知らなかった(有名な話なのかも知れないが)。

管理人は森山直太朗の歌は結構好きである(「さくら」もいいが「夏の終わり」という歌もいい。飄々としているが、とにかく若くしてかなり高度な日本語の使い手であると感じさせる、独特の感性をもった本物っぽいシンガーソングライターだと思っている)。

で、VTRが始まるとこの森山直太朗のコメントがまた非常にいい。
常時ハイテンションのジョン・カビラのとなりで、明らかに競技サッカーに真剣に身を置いていた人間であることがわかる視点や分析をもった冷静で的確なコメントを繰り出してくる。うーん、いいやつだ。

ま、それはともかく。
今年もやっぱり欧州チャンピオンズリーグが面白い。
俊輔セルティックの不調は気になるが、今年は何といってもイングランドのアーセナルがきてる。中でも特に若き司令塔、セスク・ファブレガスが相当にやばい。
弱冠20歳にして、このビッグクラブの中心。そしてこの活躍っぷり。もちろん名監督ベンゲルの手腕もあるだろうが、とにかくすさまじいまでの才能だ。



世界では他にもバルセロナのメッシやドスサントスなど、最近またU-21世代の新星達が続々と出てきている。日本にもこのクラスの若手選手が出てきて欲しいが、まだまだサッカー後発国の日本では現実はそう簡単ではないだろう(個人的にはカターニャの森本に期待。早く五輪に呼ぶべし)。

こちらでも欧州サッカーへの関心は高く、新聞などでも大きく扱われるし、世間話をしていてもサッカーネタは結構盛り上がるのだ。


そして、日本でも今アジアチャンピオンズリーグが盛り上がっている。
Jリーグの浦和レッズが日本勢としては初めて決勝まで勝ち進んでいるのだ。特にレッズのファンではないがこうなったら止む無く応援するしかない(DFで日本代表の闘莉王は管理人の地元、渋谷幕張高校出身だしまあいいか)。
決勝でも勝てばアジア代表として年末のクラブワールドカップ(トヨタカップ)で前述のような各地域の頂点を極めたトップチームと世界一を賭けて争うこととなる。むー、今年のトヨタカップはまたちょっと面白くなりそうだ。

サッカーはこうして全世界が一つの大きなピラミッドとして構成されている点がいいよな・・などと思いつつ、おそらくその0.5合目くらいに位置すると思われる国内の我がクラブの戦績が気になり、協会のHPをチェックしてみるとまた「おっ」と思った。



・・今月から始まった船橋市リーグ、第1節いきなり負けてるよ(-_-;)


しかも格下に。調子良かったはずなのに・・。
まさか帰ったら降格してたりしないだろうなー。もどかしー。

0 comments.

コスモリーグデビュー戦・・

Posted on 10月 29th, 2007 by SEEBRA.
Categories: etc, Football.

先日の土曜日。
仕事は休みだったのでまたまたサッカーです。はい。

今度は『Cosmo League』というリーグの試合。
一応ホームページでは
“the premier amateur football league in singapore”
となっており、運営はかなりしっかりしているようで、前回のEquatorial Leagueよりも更にレベルは高そうである。
今日は第11節で我々「FC NIPPON」のホームゲーム。
相手はデンマーク人で構成されたチーム、「Singapore Vikings」だ。

(日本人がどこへ行ってもサムライ、ニンジャになってしまうように、Denishはどこへ行ってもバイキングなんだな・・)

今のところ戦績は奴らの方がちょっと上。
そして、北欧だけに体が前回のBritishClubより更にデカい。センターフォワードの奴なんか掛け値なしに体重100kgくらいありそうだ(ハートソン?)。むー。

試合開始。
立ち上がりは割りとこちらのペース。奴らはちょっと動きが硬い。
何度かシュートチャンスも作るが決めるには至らず。
逆に前半15分頃、サイドから攻め込まれてアーリークロス。飛び出してパンチングするが相手と競り合いながらのためクリアが小さくなってしまった。しかもクリアした後、絡んだ相手に押しつぶされフォローの体勢が取れず、その間に混戦から蹴りこまれてしまい、0-1。
押していたのに先制点を奪われる嫌な展開だ。

その後もミドルシュートと1対1から続けざまに失点。
点を取るごとに奴らの動きが目に見えて良くなり、個人技などにも余裕が出てくる。元々北欧のサッカー大国。高さだけでなく足元の技術もあるということか。奴らのフェイントや切り替えしが決まるたびに試合の流れが向こうに向いていくのが分かるようだ。

しかし、こちらもやられっ放しで終わるほどやわではなかった。
少ないチャンスから角度のない絶妙なループとミドルが決まり、前半を2-3で折り返す。前半のうちに2点返せたのはとても大きい。

後半開始。この暑さの中の45分ハーフ、後半ははっきりいって体力勝負だ。
追いつこうとするこちらと、突き放そうとする奴らの気力がぶつかる拮抗した展開。しかし、ついにこちらのシュートが決まり、3-3の同点に!
サッカーの場合、3点差から追いつくことはまずないのだが、自分のキャリアの中でもほとんど記憶にないアツい展開となった。

しかし、悲しいことにここからディフェンスが踏ん張りきれない・・。
サイドを崩され1対1、中央でスペースを与えてのミドルシュートと2点決められ突き放される。
その後1点返すも、終了間際にまた突き放され、結局4-6でシンガポール初の敗戦。



せっかく味方が4点も取ってくれたのに、それを上回る大量6失点というのはディフェンスの人間として非常に悔いの残る結果だ。日本から持ってきたサッカーノートに今日の反省点をグリグリと書きこんで、同じミスを繰り返さないよう頭に叩き込む。

これで次回のCosmoLeagueは2週間空いて11/17、第12節ホームでのオランダ戦。
それまでにちょっと自主トレしておこう・・。




自分のユニフォームができました。
ネーム入りのユニフォームって持つの初めてかも。




0 comments.

Spinning Wanton Mee

Posted on 10月 25th, 2007 by SEEBRA.
Categories: etc, Web, Food.

むー。


朝帰りです。
仕事の都合で帰ってきたのが朝の5:30。
頭がぼけてて腹が減ってるんだか減ってないんだか良く分からない。まぁ、あまり食べてないので減っていることは確かなのだろう。
で、なんとなくそのまま家の前にある屋台村に足が向く。

屋台村、とはここシンガポールに限らず、東南アジア地域ではとても一般的な”ホーカーズ”(hawkers)と呼ばれる、何と言ったらいいのかなー、屋台というかフードコートというか築地場外のようなものの集合体で、こうしたホーカーズとかホーカーセンターというものが街中のいたるところにあって、こちらではみんなこうしたところで良く食事をするのだ(これはこちらの食文化の基本中の基本といってもいいほど)。



で、築地場外っぽいだけあって夜明けから結構な数の店がすでに営業を開始してる。自分もそうした中から適当に麺類を扱う店に目をつけ、「ワントン・ミー」(ワンタンメン)をドライでオーダー。
「辛くするか?」と聞かれたので、「ア・リトル・ビットね」と伝えたのだが、ほどなくして来たやつをひと口すすってみると、


・・うっ。




朝の6:00には少々手厳しい辛さ(泣 「ノー」って言えばよかった。
まぁ、何だかんだ言いながらそこそこ美味しくて完食したわけなんですが。


ふらふらしながら家に帰り着き、シャワーを浴びてひと眠りつくまえに軽くWebを眺めていたら、いつも定点チェックしている渡辺千賀さんのブログに軽くはまる。

On Off and Beyond
『右脳・左脳判定テスト』


左利きの自分にとってこういったものっていつもちょっと興味を惹かれるんですよね。
皆さんはどうでしょうか?

10 comments.