コスモリーグデビュー戦・・

Posted on 10月 29th, 2007 by SEEBRA.
Categories: etc, Football.

先日の土曜日。
仕事は休みだったのでまたまたサッカーです。はい。

今度は『Cosmo League』というリーグの試合。
一応ホームページでは
“the premier amateur football league in singapore”
となっており、運営はかなりしっかりしているようで、前回のEquatorial Leagueよりも更にレベルは高そうである。
今日は第11節で我々「FC NIPPON」のホームゲーム。
相手はデンマーク人で構成されたチーム、「Singapore Vikings」だ。

(日本人がどこへ行ってもサムライ、ニンジャになってしまうように、Denishはどこへ行ってもバイキングなんだな・・)

今のところ戦績は奴らの方がちょっと上。
そして、北欧だけに体が前回のBritishClubより更にデカい。センターフォワードの奴なんか掛け値なしに体重100kgくらいありそうだ(ハートソン?)。むー。

試合開始。
立ち上がりは割りとこちらのペース。奴らはちょっと動きが硬い。
何度かシュートチャンスも作るが決めるには至らず。
逆に前半15分頃、サイドから攻め込まれてアーリークロス。飛び出してパンチングするが相手と競り合いながらのためクリアが小さくなってしまった。しかもクリアした後、絡んだ相手に押しつぶされフォローの体勢が取れず、その間に混戦から蹴りこまれてしまい、0-1。
押していたのに先制点を奪われる嫌な展開だ。

その後もミドルシュートと1対1から続けざまに失点。
点を取るごとに奴らの動きが目に見えて良くなり、個人技などにも余裕が出てくる。元々北欧のサッカー大国。高さだけでなく足元の技術もあるということか。奴らのフェイントや切り替えしが決まるたびに試合の流れが向こうに向いていくのが分かるようだ。

しかし、こちらもやられっ放しで終わるほどやわではなかった。
少ないチャンスから角度のない絶妙なループとミドルが決まり、前半を2-3で折り返す。前半のうちに2点返せたのはとても大きい。

後半開始。この暑さの中の45分ハーフ、後半ははっきりいって体力勝負だ。
追いつこうとするこちらと、突き放そうとする奴らの気力がぶつかる拮抗した展開。しかし、ついにこちらのシュートが決まり、3-3の同点に!
サッカーの場合、3点差から追いつくことはまずないのだが、自分のキャリアの中でもほとんど記憶にないアツい展開となった。

しかし、悲しいことにここからディフェンスが踏ん張りきれない・・。
サイドを崩され1対1、中央でスペースを与えてのミドルシュートと2点決められ突き放される。
その後1点返すも、終了間際にまた突き放され、結局4-6でシンガポール初の敗戦。



せっかく味方が4点も取ってくれたのに、それを上回る大量6失点というのはディフェンスの人間として非常に悔いの残る結果だ。日本から持ってきたサッカーノートに今日の反省点をグリグリと書きこんで、同じミスを繰り返さないよう頭に叩き込む。

これで次回のCosmoLeagueは2週間空いて11/17、第12節ホームでのオランダ戦。
それまでにちょっと自主トレしておこう・・。




自分のユニフォームができました。
ネーム入りのユニフォームって持つの初めてかも。




0 comments.

Leave a comment

Comments can contain some xhtml. Names and emails are required (emails aren't displayed), url's are optional.