愛すべき名監督に捧ぐ

Posted on 11月 17th, 2007 by SEEBRA.
Categories: Football.

浦和の嬉しいニュースに続いてこんな悲しいニュースが入ってくるとは・・。


日本のサッカー界は、いや、どの国であってもその国のサッカー界は一つの大きな目標の元に一枚岩となって活動している。
それは自国の代表チームをいかに強くするか、ということ。
その目的のためには普段国内リーグで敵対しあうチーム同士でさえ無条件での協力を惜しまない。
合宿に選手を供出したり、あちらのチームの方がその選手が伸びるのであれば・・という理由で移籍に合意することすらあるほどだ。
そして、そのピラミッドの頂点に存在するのが代表チームの監督である。
日本サッカー界の最高権者は川渕キャプテンでも鬼武現チェアマンでもなく、日本代表監督、イビチャ・オシムなのである。
代表監督の前ではアジアサッカー連盟でかなりの発言力を持つ川渕キャプテンですら、それに仕える者、一人の使用人も同然だ。
そのゆえに、協会が代表監督を選任する際にはこれ以上ないほど議論の限りが尽くされ、その時に望まれる可能な限り最高の人員が招聘されるのだ。


ワールドカップドイツ大会で一次リーグ敗退したジーコの後を受け、そうして選任されたのがオシムであった。

2003年にジェフ千葉の監督として来日し、それまで下位に低迷していたチームをあっという間に優勝を狙える位置にまで押し上げた。その手腕が買われた、といっても彼の実績はそれだけではない。
Jリーグ名古屋でも活躍したピクシー(妖精)ことドラガン・ストイコビッチが全盛期の頃のユーゴスラビア代表監督で、気性の激しいタレント軍団を見事にまとめ上げ激戦のワールドカップでベスト8。
日本代表DFの中沢や闘莉王よりも更に頭一つ大きな体に、何ヶ国語にも堪能な語学力、そして哲学的でウィットに富む発言の数々、いわゆるオシム語録はあまりにも有名。かと思えば3連覇のかかったアジアカップの初戦、カタール戦で不甲斐ない引き分けを演じてしまった直後には、無粋な質問を投げかけたテレビレポーターに対して中継の最中であっても顔を真っ赤にして烈火のごとく怒りを露にする。そしてロッカールームでもその怒りは収まらず、選手に対して傍らにいた通訳が泣き出してしまうほどの強烈なメッセージをぶつけ、気持ちの鼓舞を求める。

歴代の日本代表監督の中でも、これほどまでにサッカーに対する深い造詣とインテリジェンス、そして何よりも崇高な情熱を持った人間はいなかったのではないか。
確かにアジアカップではベスト4で敗退してしまった。しかし、最大の目標は2010年ワールドカップ南アフリカ大会にピークを持っていくことと据え、既存の概念を一度打ち壊し、「考えて走る」をコンセプトに新たなチームを創りあげている過程で、その成果がようやくいろいろと形になってきたところであった。

オシムが見せる豊かな表情の数々、そして何よりその深い眼差しには、物事の本質がしっかりと捉えられていたであろうことは疑いようがない。
彼の後任を探すことは非常に困難だ。



今はピッチに帰ってきて欲しいとは言わない。
川渕さんではないが、今はただ命を取り留めて欲しい、無事でいて欲しいと祈るばかりだ。




0 comments.