On the way to office

Posted on 11月 21st, 2007 by SEEBRA.
Categories: etc.

現在、管理人の仕事場への通勤は自転車、いわゆるチャリ通である。

ここシンガポールは交通マナーがとても良いので車を運転しても全く問題ないし、運転できる車も実際あるのだが、日本を出てくる際にちょっと事情があって国際免許を持ってこれなかったのだ。
はっきりいってこれは非常に痛い。
車であればすぐ行けるところも全てチャリか公共の移動手段(電車・バス・タクシー)を使わなければならず、もちろん距離や場所的に車でないと無理であったり、大きな買い物をする際などとても不便だ。やはり車があるのとないのでは行動範囲が全然変わってくる。まぁ仕方がないといえば仕方がないのだけれども。

悔しいので落ち着いたらこちらで教習所に通ってローカルの運転免許を取ってやろうか・・という野望もあるのだが、時間もコストもそれなりにかかってしまうのは日本と一緒なのであった。


さて、チャリ通。
これが片道約30分。日中、気温が30℃を越す中で往復1時間は結構きついが、まあこれもサッカーのトレーニングの内と思って毎日漕いでいる。それに街中でもやたらと緑が多いので、天気の良い日などはかなり気持ちが良い。

この、「とにかく都市部でもどこでも緑がとっても豊富」、というのはシンガポールの大きな印象の一つであり、いいところである。
元々はスマトラやボルネオと同じジャングルだったわけだから考えてみれば当然なのかも知れないが、街中の緑の部分と緑でない部分の比率が日本とはかなり違う。ちょっとした街路樹なんかでもそのジャングルに昔からあったものがそのまま残っているようで、この木何の木級の迫力を持つものがそこら中にごろごろしていて、普通にしていても軽い森林浴状態が味わえる。

赤道直下の国ゆえ、晴れた日中は気温34℃くらいにはなるのだが、この豊富すぎる緑と海からのそよ風(シンガは海に囲まれている)によって、体感気温は27~28℃くらいだろうか。最近の東京の夏のように、ヒートアイランド現象で「ちょっとこれやばいんじゃないの?」という嫌気のする暑さとは同じ気温でも大違いだ。半袖1枚でちょうど快適。管理人好みである。


そこで、チャリ通の道すがら、家からオフィスまでの風景をいくつかカメラに収めてみました。




スライドショーで見たい方はこちらからどうぞ。



ちょっと補足すると、
管理人が現在住んでいるところや仕事場は、東京で例えると・・何となくですが「大田区」的なところです。都心部の西側に位置し、田舎ではないが、都心でもない、港湾部に隣接している・・等々。シンガポールは先進国なのでちゃんと丸の内的なところに行けば高層ビルが密集したビジネス街ももちろんあります。(以前のエントリーの写真参照)

0 comments.