Il Milan va in finale

Posted on 12月 14th, 2007 by SEEBRA.
Categories: Football, TV.

ちょっと間が空いてしまいました。

「筆が遅い」、とうのは管理人の自己分析結果のひとつ。
何事もサクサクと処理できるようになりたいものです。
定期チェックしていただいている皆様、これからもよろしくお願いします。


さて、今日の話題といえばとりあえずこれしかないでしょう!
昨日のサッカークラブワールドカップ準決勝。浦和レッズ対ACミラン。

昨日は管理人も日中は当然仕事で、帰宅時間は最近は21:00頃が多い。
シンガポールの時差は日本-1時間。つまり帰った頃には試合は終わっているのでここは得意のリモート録画をセットし(以前のエントリー参照)、後でゆっくり観ることに。そして、それまでは結果に関する情報が一切入らないよう、19:00以降はWebニュース等は一切見ないようにする。
最近、ニュースソースはいたるところで露出しているのでブログやmixiなども危険だ。結構気を使う。

その甲斐あって完全に情報ゼロのまま、22:00頃無事帰宅。さっとシャワーを浴びて缶ビールをセットし、臨戦態勢完了。
本番前のプレ番組からちゃんと観てしっかりと雰囲気を味わっていく。
いやーしかし試合会場、いい雰囲気になってるなー。
やっぱり浦和サポーターの気合いはすごい。観ているこちらも段々と興奮してくる。プレ番組だけで缶ビール3本いけちゃいました(どんだけだよ)。

「ではいよいよ本番を♪」というところで実家からメールが。
普通っぽい内容だったので油断してつい読んでしまったのがいけなかった。
最後のほうで、

「しかし浦和、大健闘だったね」

ごらー!!


わざわざ遠くからバラすんじゃねぇ!と。
せっかくここまで引っ張ってきたのに結果分かっちゃったじゃん・・(-_⊂)
そうか、頑張ったけど負けたんだな・・。そりゃあミランに勝つとは思って無かったけどさ、もしかすると・・なんてワクワクしながら観たかったのに。
何事も間が悪いのはどうやら管理人家の血筋のようです。

さて、そんなこんなで試合結果はご存知の通り。ヨーロッパ王者に対して0-1の惜敗。サッカーには判定勝ちなどといった概念はないので結果が全て。なのでこの結果はまずはとても健闘したといって良い。
しかし、だからといって「あの1点さえ防いでいれば0-0でPK戦だったのに・・」といった考えはやはりナンセンス。何といってもイタリアは「1-0の勝利こそ最も美しい」というサッカー美学を持つ、カテナチオ(鍵)の守備の国。
そういう意味では僅差だったとはいえ、きっちりミランに型にはめられた、ともいえる結果で、おそらく何度やってもどこかで点を奪われ、逆にこちらが得点することはできず、結局負けてしまうのだと思う。まだまだ総合力では日本と世界トップの差は大きいのだ。

今回はこうして日本のクラブがFIFA公式戦で世界と戦えるステージに辿り着いた、という事が大きい。
彼らを倒すまでにいたるには、昨日の試合でカカやピルロのプレーを目の当たりにした日本の子供達が大きくなるまでくらいの時間が必要なのだろう。

しかし、ミランのカカはやっぱりすごかったなー。
特に前半に見せた、阿部とネネを一瞬で置き去りにしたドリブル。2人とも相当な能力を持ったDFなのに・・。本当に独特のスピードとテクニックがある。
レッズもポンテがいればもう少しやれたかも・・。あと田中達也も(※いずれもケガで欠場)。田中達とガットゥーゾのマッチアップは見たかったなー。

残る楽しみは週末の決勝戦、ACミランvs南米代表ボカ・ジュニアーズ。
レッズは型にはめられたACミランに対し、南米王者は一体どう戦うのか。
そういった目でまた世界最高のエンターテイメントを楽しみましょう!

 Kakà accende la luce




しかし・・サッカーやりてぇ。
(※ここ2週間、週末休みなし。今週もあやしい)

4 comments.