カントン・ウォック@Joo Chait Road

Posted on 2月 25th, 2008 by SEEBRA.
Categories: Food.

また美味しいところにいってきました。
といっても旧正月より前のことなんですが。


ちょうど日本から身内が旅行で来ていたので、1日くらい晩ご飯を一緒にということになり、どこか美味しいところへ連れてってくれというので、「ここはこれしかない!」と単純に自分が以前から行ってみたかった有名店、
あの『Canton Wok(カントン・ウォック)』へ予約を入れたのだった。

この店はシンガポールではかなり有名な広東料理のレストラン。
といっても高級店では全くなく、庶民向けで内装なんかもいたって普通。店構えもそんなに大きいわけではない。しかし、それにもかかわらずとにかく味がいい、と地元民から日本人駐在者などの間でも大評判の店。
ガイドブックはもちろん、Webでも盛んに取り上げられているため、個人的にも是非一度行ってみたかったのだ。

この店、カントン・ウォックのオーナーシェフであるシェフ・カン(Chef Kang)はメディアでも良く取り上げられることもあり、シンガポールではちょっと有名人。各店で修業した後、当初はHDB(公共団地)の下で小さな店を始めたのだが、あっという間に評判となり、今の店をオープンするに至ったのだとか。


当日、身内が泊まっているホテルのあるオーチャードからタクシーでJooChaitRoadへ。この辺りは地元向けのちょっとB級なナイトクラブが立ち並ぶ、東京でいうと錦糸町のはずれの方とかそんな感じの、知らなければあまり行くことのないエリアだ。
もうちょっといいところにも店は開けたような気はするのだが・・などと思っているうちに到着。




着いてみると店の前の駐車場は車で一杯。旧正月前ということもあるのだろうが、さすが人気店。遅い時間でも予約しておいて正解だった。
そして早速Webでみた評判のメニュー達をオーダー。


・揚げだし卵豆腐の帆立あんかけソース



アツアツの豆腐に帆立やしいたけの濃厚な出汁のでたアツアツのあんかけソースがたっぷり。こういったシンプルなメニューにまずレストランの実力がでるのではないかと思わせる。日本人も大好きな味でめちゃ旨でした。


・ダブルテイストポークリブ



2種類の味付けのポークリブ。味付けが変わっていてなんと左側がコーヒー味、右側はリンゴジュース味(この店はトラディショナルなものだけでなく、こうした独創的なメニューもあるのだ)。
そんなもの旨いのかっ!?とずっと思っていたのだがここで判明。やはり旨いんです。どっちも。リンゴの方はさっぱりしていてこちらの方が旨いという意見が多かったが、管理人的にはコーヒーも燻したような旨さがあってよかった。
この店の看板メニューの一つで、ここ以外では絶対食べられない味。多分。


・エビのベーコン巻きマヨネーズ和え



これもめちゃ旨いとの評判だったので結構期待していたのだが、割りと普通だった。今回はたまたまかな・・?



そして、ついに待望のメインディッシュ登場。



この店の真の看板メニュー、
『カニ丸ごと入り蒸しおこわ』。

「なめんなよ」、と言わんばかりのこのいかつい外観。
これを食べてみたかったんです。是非。どうしても。
一度この写真を見てしまったら食べに行かずにはいられない。そんな魔力を持った一品。今回ようやくその望みが叶いました。
カニの身とミソをほじくり出して、おこわとともに口の中へ・・
これはもうもうどうしようもないほど旨いっ。



こんな調理法を考え付くシェフ・カン・・あんたやっぱりすごいよ!


ちなみにここはあのシンガグルメのガイドブック「マカンスートラ」では箸5つで広東料理カテゴリーではトップの位置に掲載されています。



しかもこれだけ食べて(他にもいくつか食べた)ビールも飲んで、予算は一人$40~50程度(¥3,200~4,000)。こりゃ繁盛するのも納得かと。


今回食べていない美味しそうなメニューがまだ他にもたくさんある。
いずれまた来ます!必ず!!



▽店名
Canton Wok(カントン・ウォック)

※2011年3月追記
なにかこちらの記事によると、本国でのビジネスに軽く失敗してお店を一度たたんだ後、別な場所で復活したようです。。今はあるのかな??
これから行かれるというかたはよく最新の情報を確認してくださーい。


▽場所
382 Joo Chiat Road ※←ということでこれは古い情報です


0 comments.

COSMO League 第16節

Posted on 2月 18th, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Football.

先週の土曜日。

仕事は夕方からでよかったので、管理人が参加しているサッカー、
コスモリーグ第16節に行ってきました。


(※「サッカーネタ興味ないし」という方、ここで離脱可能です)


コスモリーグは前回の第13節、SAHARA Rangers戦から久しぶり。

今日の相手は、“Olympique Gaulois”。
フランス人のチームで現在の戦績は我がFC NIPPONよりちょっと下。
前回の対戦でも勝利しているし、今日の目標は完封勝利。

でも相手を見ると体格もいいし、身長も175~185cmくらいで揃ってるし結構やりそう。ユニフォームも当然のようにフランス代表で決めてるし、胸にはなぜか日本企業のスポンサーまでついてるし。なかなか格好いい。

しかし今回は我々NIPPONもユニフォームは日本代表モデルを採用し、一応遠くから見ると『日本vsフランス』、という様相。
これはやはり負けるわけにはいかない。




管理人は本職のゴールキーパーでフル出場し、結果は5-2できっちり勝利。
相手はなかなかテクニックもあり、フランス人らしいスタイリッシュなサッカーをしていたが、今日はメンバーも揃っていたNIPPONの攻撃力がしっかり出たという感じ。ただし、キーパーとして納得がいかないのはやはりまた完封できなかったこと・・。むー。

しかも失点はいずれもフリーキックを直接決められたもので、1試合にFK2発というのはあまり記憶にない。1点目はやや左から。2点目はやや右から。
どちらもクロスバーぎりぎり隅っこの完璧なコース。精神的にかなりヘコむ。
それ以外は特に危ないシュートもなく、連携して守れてただけになー・・。

この間の試合でも直接FK決められてるし、まったくFK被弾祭りかと。
夢に出てきてうなされそう(-_-;)

まぁ勝ったから良しとするか。次回こそ完封で!


ところで。
今回の会場はBukitGombakというところにあるとある中学校。
どこじゃそりゃ?と思ったが、調べてみると住んでいるClementiから結構近かったので、タクシーで行ってしまえば話は早いが、ここは散歩を兼ねてあえてMRTで行ってみた。

いつもCityに行くのとは反対方向に乗り、JurongEastで乗り換えて3駅でBukitGombak駅に到着。
こんなところ試合でもなければ絶対に来ることなかっただろうなー、などと思いながら試合会場まで更に20分歩く。



この辺りはHDB(公共住宅)が建ち並び、いかにも郊外というのどかな感じ。
それでもやっぱりホーカーはいたる所にあるし、そこでは人々の活気も同じ。
都心も郊外も市民の営みはあまり変わらないですな。たまにはこういうのもわるくない。


小さいとはいえ、管理人にとってはまだまだ未踏のところも多いこの国。
繁華街ばかりでなく、こうした特に何もないところでも折にふれて訪れていきたいものです。



(※2/22追記)
やつら側のマッチリポートによると、あのフリーキックは
“プラティニ・スタイル・フリーキック”、だそうです。
ああ、そうですか。


0 comments.

シンガポールのグルメガイド

Posted on 2月 12th, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Food, Book.

やっと買いましたー。

前回のエントリーでもちょっと触れたシンガポールで一番有名なグルメガイド本、それがこの『Makansutra(マカンスートラ)』。




前から探してたんだけどなかなか売ってなかったりして、たまたま行った本屋で発見しようやく購入。

「マカン」はマレーの言葉で食事。「スートラ」は経典とかそんな感じ。
つまりこの本はシンガポールの食の経典であると。シンガで生きていくにはマストハブなアイテムなんです。

で、面白いのは店の評価が“星”ではなく“箸”。

箸2つから最高は箸6つまでの5段階評価になってます。



箸2つ: Good
箸3つ: Very Good
箸4つ: Excellent
箸5つ: Divine
箸6つ: Die, die must try!


箸6つに与えられる“Die, die must try!”は、シンガグルメの間では有名なフレーズ。まぁ「食ってから死ね!」ってところですかね。

中を見てみると場末のホーカーから高級レストランまで、シンガ全域の店が網羅されていて見ているだけでも楽しくなってくる。
それからもう一つ、単品メニューのジャンルごとにリスティングされているので、多様なメニューがそれぞれどういうものなのか理解を深める意味でも役に立つ。何といってもシンガポールの食事といえば中華から始まり、日韓台から東南アジア、インド、アラブ、欧米までとりとめなく入り乱れているので、「チャー・クワイ・テャオってそもそも何ー?」などと思った時に、「それはこういう料理でうまいのはここ」と出ているこの本はやはり便利。

中にはもうすでに行ったことのある店もあるし、シンガ在住なら誰でも知ってる超有名店(高級という意味ではない)でまだ未踏のところもたくさんある。

これからめぼしいところはどんどん攻めていくこととしよう。特に箸6つは。
何たって「食ってから死ね」ですから。



で。
話題がグルメガイドだったのでちょっと余談ですが。

今週2/11号のNewsweek誌の特集がちょうどこれでした。




そう。去年の11月くらいに話題になった、ミシュランガイドの東京版を出版したところ星の数が世界一になってしまった、というあれです。
もちろん普段こんな雑誌買うほどインテリじゃないんですが、日本人としてはちょっと気持ちいいというか、自尊心をくすぐられるネタですね。




こっちのやつに見せたら知らなかったらしく、あまりの星の数の半端でないぶっちぎりっぷりにびびってました。
確かになぁ・・、星の合計数で2位のパリの倍以上、3位のNYの3倍以上って・・。いくらなんでもちょっと気前よすぎじゃないの?って気はする。
ま、ちょっと調べたところ管理人が行ったことのある店は一つとしてなかったので、そこからくる妬みとかそういう気持ちはないんですが。

しかも記事の最後の締めの段落がまたすごい。要約すると、

「かくして東京は世界の美食の首都となったが、しかしそれは日本国内でもあてはまるというものではない。現在、京都版が鋭意制作中である。
ある日本人シェフは言う、『東京は京都と比べるとワンランク落ちる』と。
すなわちそれはパリよりツーランク先を行くということに他ならない」


どんだけ・・? (^^;)


0 comments.