現在の価格:44,600,000,000ドル
残り時間:不明
最高額入札者:Steven A. Ballmer

Posted on 2月 1st, 2008 by SEEBRA.
Categories: Web.

・・などとふざけている場合じゃないのだが。


あまりにもインパクトがあったので、またまたまた連発のTechCrunchより。




TechCrunch -2008.2.1
おお! マイクロソフト、Yahoo!買収に446億ドルを提示


以下抜粋
—————

ずっと噂は流れていたのだが、とうとう現実になった。

MicrosoftはYahooに対して$44.6B(446億ドル)での買収の一方的提案を行った。この提案では、Yahoo株を木曜日の終値に対して62%の割り増しとなる$31と評価し、キャッシュとMicrosoftの株によって支払いを行うとしている。
—————



日本時間金曜日の夜に飛び込んできたこのSuupaa News。しびれる。

しばらくはこの話題で持ちきりになるだろうなぁ・・。早くも今年のネット業界10大ニュース入りは間違いないところ。
相当な昔から確かに噂はまことしやかにあったけども、何がMSの背中を押したのだろうか? 2月1日のこのタイミングでリリースしたということは、結局、以前からMS内部での意思は固まっていたということなのか。

とにかく、この出来事が今後どの様に推移し、どの様な議論がなされ、どの様に決着するのか、ということはWebの今後に対して与える影響が非常に大きいと考える。これはWebを仕事にする者にとってだけではなく、もちろんユーザーにとっても同様だ。


ごく少数の巨人達による寡占がWebを(包括的な意味で)良い方向に持っていくのか。


個人的な思考実験に直感的に答えるならば、やはり“No”だという気がする。

それに、後になってMS側が「やっぱりあんなことしなければ良かったなぁ・・」なんてことをつぶやくような結果になるような気がする。


しかし、いずれにしても一般庶民である管理人には話の規模も桁違いすぎるし、単純に時価総額の合計がどうとか以外にも、作用するファクターはあまりに膨大なので、ゆっくり、時間をかけて妄想に浸ることのできるホットな話題であることには違いない。




今のところ一つだけ確実に言えることは、


“ウォッチリストに追加”


ってことだけだ☆





(その他のソース)
マイクロソフト、米ヤフーに総額446億ドルの買収提案 -CNET
マイクロソフトが446億ドルでYahoo!に買収を提案中 -GIGAZINE

0 comments.