リトルインディアを探検してみた

Posted on 2月 10th, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Food.

前回のエントリーの通り、ここシンガポールは2月7日から旧正月に突入。
そのため多くの店が休み。繁華街のデパートなんかでも丸ごと休館だったりと休みの日にはちょっと辛い。

そこで、ここは非チャイニーズ系のエリアに行ってみるのが良かろうということで、以前から気になっていたリトルインディア周辺を訪れてみることにした。





リトルインディア地区の東側にあたる、Farrer Park駅に降り立ってみると、さすがにここでは旧正月の影響は全くなし。
ということで安心してまずはリトルインディアのドンキホーテ(管理人命名)こと、買い物で有名なムスタファ・センターへ行ってみる。





ムスタファ・センターは地上4階、地下2階からなるショッピングセンターで、ローカルにも観光客にも支持されている。客比率は9:1くらいだろうか。
館内に入ると床面積は結構広く、衣類、コスメ、サプリ、生活雑貨、スポーツ用品、ブランド品、貴金属、高級家電、お土産ものまで何でも『雑然と』売られている。まさにシンガのドンキ(いやそれ以上)。



長く館内にいるとあまりの熱気に少々疲れる。



その後、ムスタファを後にしてセラングーンロード及び周辺をいろいろと探索。





更に西へ移動してLittle India駅に併設の商業施設、テッカ・センターへ。





で、当然のようにホーカー発見。
しかも当然のように旧正月関係なしの営業状況。




そこで朝から何も食べていなかったので、ここで何か食べることを決意。
しばらくぶらぶらしていると、偶然にも何かWebで見覚えのある看板にぶち当たった。

・・うっ。
こ、これは確か普段大行列することで噂のブリヤニ屋では!?



ちゃんとマカンスートラ(※シンガで最も支持されているグルメガイド)の認定証も張ってあるし間違いない! しかも箸4つ!!
これで「ピークタイムでは40分待ち」と紹介されていた記事を思い出した。
しかも今は時間を外れているため(この時点で14:30)、なんと2人しか並んでない。大チャンス。即決でトライしてみることに。



ブリヤニ。正しくはナシ・ブリヤニというこの料理は各種スパイスを効かせた南インド発祥の炊き込みごはんのようなもので、インド系ホーカーでは大の定番メニュー。通はマトン・ブリヤニに行くらしいが、まだ素人の管理人は無難にチキンを選択。

出てきたものは写真の通り、ぱっと見ただのサフランライスのようにも見えるが、上にかかっているカレーソースも含めてもっと色々なスパイスが効いた、「いかにも」という複雑な味がする。そこにやはりカレーで煮込まれたチキンがごろっと2つ。はっきりいってうまい。さすが箸4つ☆

意外に量もあったが、ビールと共においしく完食。今後ブリヤニを食べるときはここの味を基準とすることとしよう。
しかし、場所も知らずにたまたまめぐり会えて、しかも並ばずに食べられたのは本当にラッキーであった。


▽店名
Allauddin’s Briyani

▽場所
Tekka Centre内のホーカー #01-249



大満足でテッカ・センターを後にし、いま摂取したカロリーを燃焼させるべく、一気に今度はアラブ・ストリートの方へ向けて歩いていく。
途中、公園の周りでフリマが開かれていたのでまた寄り道。





寄り道しつつ夕方になってアラブ・ストリート到着。
お目当ては有名なサルタン・モスクだ。





夕暮れ時のモスクってきれいだなぁ・・などとしみじみ思いつつ、ひと通り散策した後で、そろそろ陽も暮れかけてきたので今日はここまで。



またこの国が持つ“文化の多様性から来るパワー”を新たに体に焼き付けることができた一日でした(^^ )



2 comments.