カントン・ウォック@Joo Chait Road

Posted on 2月 25th, 2008 by SEEBRA.
Categories: Food.

また美味しいところにいってきました。
といっても旧正月より前のことなんですが。


ちょうど日本から身内が旅行で来ていたので、1日くらい晩ご飯を一緒にということになり、どこか美味しいところへ連れてってくれというので、「ここはこれしかない!」と単純に自分が以前から行ってみたかった有名店、
あの『Canton Wok(カントン・ウォック)』へ予約を入れたのだった。

この店はシンガポールではかなり有名な広東料理のレストラン。
といっても高級店では全くなく、庶民向けで内装なんかもいたって普通。店構えもそんなに大きいわけではない。しかし、それにもかかわらずとにかく味がいい、と地元民から日本人駐在者などの間でも大評判の店。
ガイドブックはもちろん、Webでも盛んに取り上げられているため、個人的にも是非一度行ってみたかったのだ。

この店、カントン・ウォックのオーナーシェフであるシェフ・カン(Chef Kang)はメディアでも良く取り上げられることもあり、シンガポールではちょっと有名人。各店で修業した後、当初はHDB(公共団地)の下で小さな店を始めたのだが、あっという間に評判となり、今の店をオープンするに至ったのだとか。


当日、身内が泊まっているホテルのあるオーチャードからタクシーでJooChaitRoadへ。この辺りは地元向けのちょっとB級なナイトクラブが立ち並ぶ、東京でいうと錦糸町のはずれの方とかそんな感じの、知らなければあまり行くことのないエリアだ。
もうちょっといいところにも店は開けたような気はするのだが・・などと思っているうちに到着。




着いてみると店の前の駐車場は車で一杯。旧正月前ということもあるのだろうが、さすが人気店。遅い時間でも予約しておいて正解だった。
そして早速Webでみた評判のメニュー達をオーダー。


・揚げだし卵豆腐の帆立あんかけソース



アツアツの豆腐に帆立やしいたけの濃厚な出汁のでたアツアツのあんかけソースがたっぷり。こういったシンプルなメニューにまずレストランの実力がでるのではないかと思わせる。日本人も大好きな味でめちゃ旨でした。


・ダブルテイストポークリブ



2種類の味付けのポークリブ。味付けが変わっていてなんと左側がコーヒー味、右側はリンゴジュース味(この店はトラディショナルなものだけでなく、こうした独創的なメニューもあるのだ)。
そんなもの旨いのかっ!?とずっと思っていたのだがここで判明。やはり旨いんです。どっちも。リンゴの方はさっぱりしていてこちらの方が旨いという意見が多かったが、管理人的にはコーヒーも燻したような旨さがあってよかった。
この店の看板メニューの一つで、ここ以外では絶対食べられない味。多分。


・エビのベーコン巻きマヨネーズ和え



これもめちゃ旨いとの評判だったので結構期待していたのだが、割りと普通だった。今回はたまたまかな・・?



そして、ついに待望のメインディッシュ登場。



この店の真の看板メニュー、
『カニ丸ごと入り蒸しおこわ』。

「なめんなよ」、と言わんばかりのこのいかつい外観。
これを食べてみたかったんです。是非。どうしても。
一度この写真を見てしまったら食べに行かずにはいられない。そんな魔力を持った一品。今回ようやくその望みが叶いました。
カニの身とミソをほじくり出して、おこわとともに口の中へ・・
これはもうもうどうしようもないほど旨いっ。



こんな調理法を考え付くシェフ・カン・・あんたやっぱりすごいよ!


ちなみにここはあのシンガグルメのガイドブック「マカンスートラ」では箸5つで広東料理カテゴリーではトップの位置に掲載されています。



しかもこれだけ食べて(他にもいくつか食べた)ビールも飲んで、予算は一人$40~50程度(¥3,200~4,000)。こりゃ繁盛するのも納得かと。


今回食べていない美味しそうなメニューがまだ他にもたくさんある。
いずれまた来ます!必ず!!



▽店名
Canton Wok(カントン・ウォック)

※2011年3月追記
なにかこちらの記事によると、本国でのビジネスに軽く失敗してお店を一度たたんだ後、別な場所で復活したようです。。今はあるのかな??
これから行かれるというかたはよく最新の情報を確認してくださーい。


▽場所
382 Joo Chiat Road ※←ということでこれは古い情報です


0 comments.