誰も寝てはならぬ - ポール・ポッツの奇跡

Posted on 5月 27th, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Music, TV.

ちょっと感動的な動画を。といってもネタ自体は結構前のことですが。
すでに知っているという方はスルーしてください。


この動画の主人公、ポール・ポッツはイギリス人。
仕事は携帯電話のセールスマン。(※1)
30代半ばにして早くも中年太り全開の体形に、どうにも冴えない下ぶくれな表情。おまけに歯並びまで悪いときてる。
ぱっと見た目にも“タレント(才能)”という言葉とは対極にあるような男だ。
自らも「昔からいつも自分に自信が持てなかった」と話し、実際、小さい頃はいじめられっ子であったという。

そんな彼がある日、イギリスの一般参加型オーディション番組、
Britain’s got talent』(※2)
に出場した。

この番組は、一芸に秀でたアマチュアの一般市民が審査員の前でそのパフォーマンスを披露し、予選から準決勝、決勝へと勝ち上がっていき最後に優勝者を一人決めるというもの。
もちろんパフォーマンスは各自それぞれ何でもありで、チームダンスだったり、動物の曲芸だったり、少年マジシャンだったりする。
とはいえ、審査員は皆辛口揃い(※3)で、気に入らなければ途中でもすぐに目の前の「X」ボタンが押され、参加者は強制退場となる。

そんなステージにただでさえ風采の上がらない外見のうえ、だらしないシャツの着こなしで現れたポッツに、審査員達も明らかにしらけた感情を隠さない。
淡々としたテンションで「今日は何をしにきたの?」と冷たく問われると、彼はか細い声で答える。
「オペラを歌いに・・」と。

そこで見ている誰もが、彼の容姿とオペラというものをどうしてもすぐには結びつけることができない。
「それじゃ、ま、どうぞ」とまったく期待していないまま進める審査員。
しかし、ひとたび音楽が流れ始めると、それまで自信なく緊張を照れ隠ししていたような彼の表情は一変し、眼に光が宿り始める。
そして彼がみせた驚愕のパフォーマンスとは・・。


(日本語字幕付き)



何度見てもすごいなーと感じてしまう。
「夢は、このために生まれてきたんだと感じられるような人生を送ること」と言っていた彼は、こうして正にその夢を自らの秘めていた才能によって叶えてしまった。
これもおそらく彼が持っているであろう、いくつになっても忘れない純粋な心によって導かれたものなのか。
人間ってこんなこともできるのかと、勇気づけられるし、また何かを考えさせられますね。




※1
セールスマンとしての営業成績はなかなか優秀なものだったとのこと。
ただし、後に出演したTVインタビューで、「今は相当忙しくなったでしょう?」という質問に対し、「確かに忙しいけどセールスマン時代よりはまし」と答えている(ノルマがきつかったんだとか・・切ないですね)。

※2
Britain’s got talent』は今年の4月からシーズン2がオンエア中。
第2のポッツのような逸材が出てくるのかちょっと注目です。

※3
チーフ審査員のSimon Cowellは特に辛口で有名な音楽プロデューサー。
やはりアメリカの有名なオーディション番組『American Idol』で、当時のジェニファー・ハドソン(後にビヨンセ主演のミュージカル映画『ドリームガールズ』でアカデミー賞助演女優賞を受賞)を「あんたはまだ力不足」と酷評したほど。


0 comments.

Leave a comment

Comments can contain some xhtml. Names and emails are required (emails aren't displayed), url's are optional.