クレイポットライス@Clementi

Posted on 8月 17th, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Food.

2回続けて土鍋ネタ。なぜかはよく分からないけど。

クレイポットライスは、その名のとおり土鍋でご飯を炊き上げ、その上に魚やらチキンやらポークやらの具を合わせてご飯とかき混ぜて食べる、こちらではポピュラーなローカルフードの一つ。

管理人が住む西側のClementi周辺は、他の地域に比べて有名店がわりと少ないんですが、このクレイポットライスではマカンスートラに箸4つで出ている店があったので、昼にチャリンコで行ってみました。


場所はClementi Ave.2沿いのHDB(公共住宅)の中。
現地まではすぐに行けたものの、着いてみると意外と大きなHDB群でどの棟に目当ての店があるのかしばし迷う。
おまけにハングリーゴースト(日本でいうお盆)のセレモニーで、紙のお金をそこらじゅうで燃やしててやたらモクモクしているし(故人があの世でお金に困らぬようとのことらしい)、しかもどうやら火が大きくなりすぎてしまったらしく消防車まで来ちゃってるしわけがわからん(^^;)

とにかく“Blk328”ということを頼りに何とか店に到達。
案の定というか電話での事前オーダーがちゃんと通っていなかったが、冷静に証明してしっかり優先権を獲得。ほどなくして土鍋の熱気とともに運ばれてきた一品はこんな感じ(具はまずはデフォルトのチキンにしてみた)。
見た目でもうかなり旨そう。。




食べ方は、まず上に乗っているチキンを一度皿によけ、添えられている濃厚なタレと香味油をご飯に好みの分量回しかけて、しゃもじでよーく混ぜる。




で、ひと通り混ぜ終わったら、具を戻し、もう一度軽くかき混ぜて完成。




食べてみると味は予想通り、激ウマというか、しみじみとうまい。
ちゃんと炭火で炊き込まれたご飯は土鍋の余熱によって最後まで熱いまま。
秘伝のタレはしょうゆベースっぽくて、おこげごと混ぜ込んでいることもあって全体的に香ばしく、食感も変化があっていい。チキンも柔らかくてとってもいい味が出てる。やっぱりこういうご飯ものって日本人の口に合うなー。
淡々とおいしく、おなかが一杯になるまで淡々とおかわりできる感じ。

値段はこの一番小さいサイズ(二人向け)で$10。たくさん食べる人なら一人でも全部食べれるかも。他にも大きいサイズがいくつかあるので人数に合わせてオーダー可能。

結論として、場所が分かりずらいのがやや難点も、実力、コストパフォーマンスは十分。さすが箸4つ。「いつまでもそこに在り続けてほしい地元の名店」
って感じです。今度来ることがあったら違う具にも挑戦してみよう。




『ピーク時:45~90分、オフピーク時:20~30分を要す』、
と看板に書いてあるので、行く際はやはり電話での事前オーダーが望ましいかと。


▽店名
NEW LUCKY CLAYPOT RICE
(TEL:6778-7808、水曜日定休)

▽場所
#01-220 Block 328, Clementi Avenue 2
MRT Clementi から、迷わなければ徒歩15分くらい


0 comments.

鍋焼きプロウン・ミー@Alexandra Village

Posted on 8月 15th, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Food.

おいしいプロウン・ミー(エビ麺)を食べにアレキサンドラ・ヴィレッジへ。
管理人の住むクレメンティからは近くて便利。得意の文庫本を持ってバスに乗ると丁度いい感じの距離なので、この辺りはちょこちょこ出かけてます。




目当てはここでしか見たことがない“鍋焼き”で出てくるプロウン・ミー。
オーダーしてから5分くらいで、ぐつぐつ煮立った状態で運ばれてくるこいつを、ビールと共にアツアツいいながら食べるとかなりいける。




具は、頭ごと豪快にタテ割りされたエビが2匹分(半身×4)と、あとは申し訳程度に野菜が入っているだけのほぼ純粋なプロウン・ミー。
麺は幅広の卵麺。鍋焼きだけにやはりこういった太い麺が合う。
大ぶりのエビは身離れよく美味で、それからなんといってもスープがすごい。エビが頭ごと半身になっているので、その頭から出るダシがスープにふんだんに溶け込んで、まるでエビを液体にしたかのような濃厚な味わい。
もちろん、にんにくとか貝柱の風味もするんだけど、とにかく全体的にエビが前面に主張してくる一品。

しかもこれで値段はたったの$5。これはかなりコストパフォーマンスが高いと思う。不思議なのはこれでなぜかマカンスートラには載っていないところ。
十分おいしいと思うんだけどなぁ。
とにかく、これも定期的に食べたくなる、管理人のお気に入りの一つです☆




店名が示すとおり、この店は本来はバクテー屋。同じく鍋焼きのバクテーもかなりうまいらしい。


▽店名
LEON KEE PORK RIB SOUP
(火曜日定休)

▽場所
Blk120 Bukit Merah Lane1, #01-18Alexandra Village


0 comments.

アイスモンスター@Bugis

Posted on 8月 11th, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Food.

前から気になっていた、あの『アイスモンスター』にようやく行ってきました!
(いつもこのパターンだな・・)

ICE MONSTER。漢字では「冰館」(ピングァン)と書くこの店は、台湾に本店がある有名なアイス系デザートの専門店。ただしメインは断然カキ氷。
ここシンガではBugisにその支店があります。

もう何はともあれまずは写真を。




定番のマンゴーとストロベリーを頼みました。
サイズは“S”と“L”があって、今回はいずれもS。




ランチをがっつり食べた直後だったので、元々サイズがでかいことで有名なここのカキ氷が食べきれるか心配でしたが、現物を目の前にするとその不安は一気に解消。そして一口食べてみて確信。


旨すぎる ( ^^)-3


ある程度期待はしていたけど、どちらもこれは予想以上。
もう、大盛りの果肉とソースと練乳とシャーベットの甘さが渾然一体となって、そこへ氷の冷たさが相まって何ともいえぬ絶妙なハーモニー。
もちろんすごく甘いんだけど、その甘さが全くしつこくなく、すっきりさっぱり、最後まで全然もたれない。食べ始めたらスプーンが止まらない感じで、満腹状態でも全く問題なし。完璧に別腹でサクっと入りました。もしかしたらLでも大丈夫だったかも(ただしLは相当でかい、らしい)。

うーん、さすがモンスターと名乗るだけはある。
しかもこれで値段はSが$4、Lが$6くらい。これなら人気なのも納得。
日本でも以前、大阪に支店があったらしいですが、今は無くなってしまったようです。惜しいなー。日本でもこれは是非食べたい(夏限定になるけど)。




とにかく、食後のデザートでも、暑い日中のリフレッシュでも、こいつは非常に優れていると思います。
ここは近いうちに必ずまた来ます☆ (次はLかな・・)


▽店名
ICE MONSTER


▽場所
180 Bencoolen Street, #01-23 The Bencoolen
(MRT Bugisから徒歩5分くらい)


2 comments.