シンガポールの好況を表すいくつかの指標(1)

Posted on 7月 23rd, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Sciety.

ここ、シンガポールで生活している人なら誰でも少なからず、「経済が非常に好調である」ということを肌で実感しているだろう。
マリーナ地区の大規模開発に限らず、国中が活気に溢れていることを体感する機会は枚挙にいとまがない。



そこで、3回くらいに分けて公になっているいくつかの経済指標をピックアップし、管理人が自分なりに思うことをまとめてみる。


第1回目にまずメインで取り上げる指標はやはりこれから、
『国民一人あたりGDP(国内総生産)』。

すでにニュース等で報じられている通り、2007年度における国民一人あたりGDPでシンガポールはついに日本を抜いてアジアトップとなった。

▽ニュースソース
シンガポールが日本を抜く 1人あたりGDP [NIKKEI NET]
「アジアで最も豊かな国」から転落した日本 [大前研一氏、NIKKEI BP]


◆ 国民一人あたりGDP(名目ベース)ランキング[2007,IMF]

順位  国名     数値($)
1 ルクセンブルグ  104,673
2 ノルウェー     83,922
3 カタール      72,849
4 アイスランド    63,830
5 アイルランド    59,924
・・・
11 アメリカ     45,845
12 イギリス     45,575
・・・
21 シンガポール  35,163
22 日本       34,312


日本は高度経済成長以降、長らくアジアでトップの座にあったが、とうとうシンガポールがそれを上回った。
もちろん為替の影響もあるし、元来この指標は都市型国家にとって有利なので、北海道から沖縄まで含めて勝負せざるを得ない日本とは単純に比較はできないが、とりあえず『今まで上だった順位が逆転された』、という事実は受け止めなければならない。
ちなみに、近年のGDP成長率はシンガポールが約7%、日本は約2%なのでこの差は今後も開く一方であると予想される。

日本はGDPではいまだ世界2位だが、国全体の人口も多いので一人あたりではこのようなランクとなる。

◆GDPと人口(カッコ内は順位)[2007] 

国名    GDP($)       人口          人口密度(※参考)
日本   約4兆3800億(2)  約1億2700万人(10)  約336/km2(32)
シンガポール 約1600億(44)  約460万人(113)  約6450/km2(4)


GDPには国内の外国人による生産も含まれるが国民としては含まれないので、小国の都市型国家で積極的に海外のリソースを取り込む「呼び込み型経済」であるシンガポールにとって、一人あたりGDPは最も得意とする経済指標の一つだろう。
なにせ労働力人口における外国人の割合は、世界的にみてシンガポールは異常なまでに飛びぬけて高く、産業別労働人口の比率も生産性の高い3次産業へ極端なまでにシフトさせている(結果的に、ともいえるが)。


◆労働力人口における外国人の割合[2005] 

国名      比率
シンガポール 27.9%
日本      1.0%
(以下参考)
韓国      1.3%
香港      6.4%
ドイツ      8.9%
フランス    6.0%
イギリス    3.8%


◆シンガポール国内の産業別労働人口比率

第1次産業 0.2%
第2次産業 23.6%
第3次産業 76.1%


とはいえ、世界地図においてシンガポールを正確に指し示せる人は少ない。なぜならシンガポールは世界地図上ではごく小さな『点』でしかないからだ(面積は香港より更に小さい)。そんな小さな国が、独立からわずか40数年で、世界経済の中でここまで存在感を発揮している事実は間違いなく興味深い事象である。
マレー人優遇政策を進めるマレーシアから追い出されるように半ば無理やり独立させられ、国土も資源もない(恐ろしいことに水すらない)。それでいて民族は多様で、加えて赤道直下(北緯1度)の熱帯気候。普通に考えれば自活していくのも精一杯といったイメージだろう。
地政学的に要衝にあったという意見もあるが、それはマレーシアもインドネシアも同じ。そんな隣国との差別化を図り、いち早く『知識集積型国家と緑豊かなガーデンシティの両立』という壮大なビジョンを打ち出し、強い志とリーダーシップによって国内外に大きな紛争もなく、短期間でここまでシンガポールを引き上げたリー・クアンユー(初代首相~在位25年。現顧問相)の手腕と功績はすさまじいものがある。管理人にとっても、世界で最も尊敬する政治家の一人だ。


ところで、前述の一人あたりGDPは基本となる「名目ベース(Nominal)」の数値であり、実質の「購買力平価ベース(PPP)」では、シンガポールは実は以前から日本を上回っており、すでにアメリカをも抜いて世界第5位となっている。

◆国民一人あたりGDP(購買力平価ベース)ランキング[2007,IMF]

順位  国名     数値($)
1 カタール      80,870
2 ルクセンブルグ  80,457
3 ノルウェー     53,037
4 ブルネイ      51,005
5 シンガポール   49,714
6 アメリカ      45,845
・・・
22 日本       33,577


ここで更にちょっと深堀りすると面白いのが、民間消費の割合。
一人あたりGDP(PPPベース)における家計消費の割合は、シンガポールはアメリカや日本と比べてまだかなり低いのである。

◆一人あたりGDPに占める一人あたり家計消費の割合
(いずれもPPPベース)[2005,世界銀行]

国名     GDP / 家計消費($)  比率
アメリカ    41,674 / 29,322   70.3%
シンガポール 41,479 / 12,636   30.4%
日本      30,290 / 15,342   50.6%


それだけお金がまだ消費ではなく投資に回っているということで、これも経済成長率を押し上げる要素となっていると想像できる。
ただし、その分国民の消費がつつましいのかというと、この国で生活していると肌感覚ではそんなことは全く感じられない。おそらく現在では、ワーキングプアなどが社会問題になりつつある日本の方が確実に悪いだろう。
以下、参考までにシンガポールにおけるその他の関連基礎データをいくつか挙げる。

◆平均賃金  S$3,773 (US$2,515)

◆週あたり実労働時間  46.5h

◆全体失業率   2.0%
[シンガポール統計局、全国賃金評議会]


次回以降は、また違ったデータからシンガポールの今後をもう少し考察してみたい。・・いつになるか分からないけど(汗


2 comments.

かけがえないものとは何か?

Posted on 7月 3rd, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Sciety, Animal, Art.


犬を飼うってステキです -か?

こんな問いかけをタイトルにした小冊子がある。
今から8年も前に、東京都の衛生局(現在は福祉保健局)が制作した、これから犬を飼いたいと思う人へ向けた45ページからなるショートストーリーだ。



見てのとおり、画風は今どきの人気漫画のようなカッコいいものではなく、
いかにも時代を感じさせる。
そして、もちろんこれは子供向けに作られた本なのだが、しかしこれが大変に素晴らしい出来で、大人が読んでも大いに心を揺さぶられる内容となっている。簡単に言えば、『感動』させられるのだ。

このプロジェクトがいくらの予算でなされたのかは知る由もないが、この仕事をダイレクションした人は本当にすごいと思う。

犬を飼うことにともなって発生する様々な障壁、必要な努力、考え方、これらを順序だてて分かりやすく説明し、しかしそれを全部やっても得られるものは、
「こんな事だよ」と導く。

 (犬を飼うことで得られるものって・・?)


一方的に教え込むのではなく、状況を理解させ、判断は情緒を持って自分で考えさせる。理想的なインストラクションの形を実現していると思う。
そして、この内容は犬だけでなく他の動物はもちろん、人対人の関係にも通じるものがあるんじゃないだろうか。
自分にとってかけがえのない気持ちとはなにか。それができた時、まず自分はどうあるべきで、それとどうやって付き合っていくべきなのか。
そんなことまで考えさせられた。本当に素晴らしい。



それからもう一つ考えたことは、この冊子から受けた強烈な『訴求力』。

営業関連の仕事などしていると、「プレゼンテーション」という場にぶつかることがある。顧客に対して、自社商品の売り込みだったり、研究結果の発表だったり、とにかく「伝える」ことが問われる場だ。

今回、やはり思ったは「本質をつかんでいること」の大切さ。
プレゼン資料というと、どうしてもつい「技巧」に走りがちだ。フォント、カラー、アニメーション・・、もちろんそれは無駄な努力ではない。しかし、まず主張が物事の本質をとらえていることがあっての上だ。
本質をつかんでさえいれば、資料はシンプルであってもこのように訴求力は自然とでてくるものなのだと思う。

今回の冊子は、実体はつたない漫画であり、ファイル形式はPDFで、ブラウザで見るには静的htmlのページ送りというI/Fだが、制作から8年が経ち、
リッチコンテンツがこれほど氾濫する現在であっても全く色あせていない。
おそらく今から更に8年後に見てもまだ光っているだろう。

本当にいい仕事だと思う。めずらしく東京都に感謝。



(まあ、そんな理屈はともかく、とにかくステキな話です)

4 comments.

ガイアの夜明け 第321回

Posted on 7月 2nd, 2008 by SEEBRA.
Categories: etc, Sciety, TV.

2回続けてテレビネタです
(といっても2週間ぶりだろうが、という突っ込みは置いておいて・・)。


毎週火曜日20:00からテレビ東京で放送されている
ガイアの夜明け

7月1日放送の第321回のテーマは、

人手が足りない… ~揺れる外食チェーンに秘策は?~



外食業界最前線の人手不足が深刻である。若者のアルバイトやパート労働力を大きな戦力に活用して厳しいコスト競争を展開してきただけに打撃は大きい。本特集では背景となる外食業界の現状を探ってみる。
———-

この番組も結構好きで、毎回ではないがテーマに興味が湧いたときだけチェックしている。
今回のテーマにはその自分アンテナが反応し一応録画しておいたのだが、これがまた意外と良かった(ちなみに、テレビ東京はワールドビジネスサテライトなどをやっているだけあって、こうした実際のビジネスシーンや社会経済に関する視点は、バラエティ迎合の民放他局よりよっぽどいいと思う)。

今回の番組内容の詳細については番組サイトをご参照。


放映された内容からトピックだけ整理して抜き出すと、

【現状】
・飲食チェーンでのバイトは最近の若者に人気がなく、どこも人手不足

【事例】

午後、急に暇になったので、携帯サイトで今からすぐ(今日の数時間だけ)できるバイトを検索する大学生Aさん。
結果、「4時間後からできる3時間だけのバイト(居酒屋ホール係)」に決定。即採用となる。


→考察
便利な世の中。お互い面接に1日とかかけてられないニーズを補完しあう、なかなか効率的なシステムに感じた。信用度の議論もあるだろうが、ネットオークションなどと同様、こういうのはある程度適切なレベルで回るのだろう(≒性善説)。
しかし、Aさんの仕事ぶりは実際にかなり良かったと思うが、時給が手取り¥1,000だったのに少し驚き。飛び込み採用なのに結構いいんだな・・。
まあそれが市場価格(それだけ飲食は人手不足)ということか。


激安が売りの居酒屋チェーン「さくら水産」では、バイトの6割以上が外国人留学生。ただし、雇用条件は日本人の場合と同じで格差はつけていない。
更に現在は座席からのセルフオーダーシステム導入をテスト中。


→考察
今まで安いから外国人を採用していると思っていたのだが、そうではなかったことが驚き。そうであればその企業マインドには共感を覚える。
セルフオーダーシステムについては、狭義ではカラオケのリモコン、広義では通販やEコマース全般に通じると理解。このニーズ(商品情報を伝えて注文はセルフ)を徹底的に深堀りするってのはありだよなぁ・・といろいろと思考実験に発展。


急成長中の企画系レストランチェーン「ダイヤモンドダイニング」。各店舗ごとに決まったテーマがあり、メイドはもはやいうに及ばず、シンデレラやベルサイユ、不思議の国のアリスに竹取物語・・など多彩を極める。
バイト希望者は「楽しそうだから」という理由でやって来るし、客受けも今のところ総じて良い。


→考察
『100店舗100業態』というビジネスコンセプトは新鮮だった。ポートフォリオとして考えても強そうだと直感するので、投資家受けもよさそう。
客が飽きてきて個店の売りが伸び悩んだらさっさと改装して次の企画、という戦略をとるのだろうか。いずれにせよヘタな鉄砲でもよいので企画力は大事と再確認。


モスバーガーでは、若者だけでなくなんと70歳代の高齢者をホール係で採用。しかしこのお年寄りならでは気配りのきいた丁寧な接客が好評で、若い客から通称「モスジーバー」(モスのジィちゃんバァちゃん)と呼ばれ支持され始めている。


→考察
典型的な、眠っていた新たな付加価値の創造例。
win-winな関係は、その当人達が気持ちいいゆえ、周りで見ている方も気持ちがいい。


・・等々、
今回も色々なインスピレーションを得ることができました。テレ東に感謝。

9 comments.