It’s.. Automattic!

Posted on 1月 22nd, 2008 by SEEBRA.
Categories: Web.



TechCrunch -2008.1.22
WordPress、3GBを無料化―Blogger、TypePadに後塵を浴びせる

以下抜粋
——–
これはTypePad(Six Apart)とBlogger (Google)というライバルのブログプラットフォームには強烈な圧力になるだろう。WordPress(Automattic)はホスティングしているすべてのブログについて無料のストレージを従来の50MBからなんと3GBに拡大した。ファウンダーのMatt Mullenwegはブログで、「この容量は現在のBloggerが提供しているものの3倍、TypePadでこれだけの容量を得るには年間料金が$300にも上る」と書いている。これほどの容量拡大を可能にしたのはWordPressがAmazonのS3ストレージ・サービスを利用し始めたからで、S3の高いコストパフォーマンスのメリットをユーザーに還元したものという。
——–


うーんさすがWordPress。SixApartとは器が違う・・? まぁ2ten0 BLOGはホスティングではないので関係ありませんが。
あとちょっと「おぉ」と思ったのはこうしてユーティリティ・コンピューティングに切り替えたということ。これはいけてるAutomatticのこと、「コストメリットが出た」ということも含めてAmazonにとってもいいプロモーションになるだろうなぁ。Amazonのストレージサービスって淡々としてるけど、シェアの伸びってどうなんだろう?
今までだとリンデン・ラボの事例とかが知られてはいたけど。気になる。

とにかく、

・UCに切り替えたということ
・それによって明確なコストメリットが得られたということ
・そのコストメリットを即座にユーザーエクスペリエンスに還元してしまうこと

Automatticの信念を持ったスタイルはやはりCoolで惹きつけられます。
Crunchiesイベントで、Facebookなどを抑えての「最優秀CEO賞」も納得。


We Love WordPress!



しかし。
本当にどこで利益出してるんだろう・・。
いずれIPOするのかな、やっぱり。

0 comments.

“iKnow!” - Get this party started!!

Posted on 1月 9th, 2008 by SEEBRA.
Categories: Web.

年末年始の休暇の間に素晴らしいサービスに出会い、以来かなりの勢いではまってます。

いつも定点チェックしているこちらの『みたいもん!』ブログさんにて発見したのですが、


『みたいもん!』ブログ -2007.11.27
最強Web2.0サービス「iKnow」登場、ただし英語勉強したい人だけ!


それが昨年10月からスタートしているこちらの『iKnow!』というサービス。




このサービスの現在の定義を一言で言うと
「英語のソーシャルラーニングサイト」、というもの。
しかし、その完成度がすでに半端じゃない。本当に。
何故こんなサービスを3ヶ月も見落としていたのか・・。


Web大好きの管理人はいつも自分なりに情報収集しており、新しいサービスを見つけると何でもとりあえず使ってみるのが常。
しかしそうした中でこの『iKnow!』は使い始めてすぐに、そのあまりのポテンシャルの高さに震えが走った。
I/F、デザイン、ロジック、操作感、レスポンス、そして全体のコンセプト・・。
全ての要素がハイレベルで一つのサービスとしてまとまっている。
こんなサービスが無料でいいのか!? ドネーションの仕組みがあればすぐにでも協力したいと思わされたのは初めての体験だ。
しかも現時点では恐ろしいことに広告すら入っていない。これがまたサイトに更に美しい印象を与えていると思う(※管理人は広告自体が嫌いなわけではない。ただのアフィリエイトのような無粋な広告が嫌いなだけである)。

学習のアルゴリズムも、まだ初歩の部分しか触れていないのではっきりとは体感できていないが申し分なさそう。


管理人は実は、人生の大枠の目標の一つとして
「学習や教育にイノベーションを起こしたい、貢献したい」
という気持ちがあるのだが、この『iKnow!』はあまりに良すぎて、使っているうちに、

「・・こんなすごいサービスが世に出てしまったか」
「こんな素晴らしいサービスを自分でも提供できたらいいだろうな・・」

という、ちょっとした悔しさすらこみ上げてくる。


しかも今後は「日本語で学ぶ英語」に限らず、「何語で何語」であってもマルチに横展開が可能であるのは明らか。というより、もはや語学に限らない・・。
これはサービスモデル的にもビジネスモデル的にも、これからどのような発展を見せていくのか、個人的には大いに注目です!


しかし、
「ソーシャルラーニング」という概念をこれほどきれいに形にされるとは・・
本当にやられた。
おそらくWeb 2.0の歴史の1ページに名前を刻む存在になるのではないだろうか。

とにかく個人的には今のところWordPress級の過去最大級の大絶賛。
この『iKnow!』が日本でローンチしたことに心から感謝します。



興味があるかたは実際にサイトを訪問して、ちょっとでもいいから体験してみてもらうのがもちろん一番。

ではあちらでお会いしましょう!


Life’s short!, Learn hard!!


5 comments.

管理人が選ぶ今年のIT系3大ニュース

Posted on 12月 30th, 2007 by SEEBRA.
Categories: Web.

またまた年末恒例的な企画、ってほどのものでもないですが。
管理人的に気になった今年のIT系3大ニュースを挙げてみたいと思います。


▽1位

イーベイ、スカイプバブルに泣く
26億ドルの巨額買収から2年、ようやく目が覚めた
-Business Week

広告やテレコミュニケーションに関わる仕事をしていた管理人にとって、2005年にeBayが当時ダイヤモンドのような存在であったskypeの買収を発表した際には、軽く体に震えが走ったものだ。
その頃といえば、skypeのあまりの成長ぶりにVoIPが持つ可能性への関心が一気に高まり、MicroSoftはTeleoを買収し、GoogleはカリフォルニアのVoIP INC.と提携、YAHOO!は自社開発に取り組み、LYCOSはインドのGlobe7とエクスクルーシブ契約を交わしてまでLYCOS Phoneをローンチさせるなど、各メガポータルがそれぞれVoIPに対するポジティブな戦略を明確に打ち出し始めた時期である。
そして、WebベースVoIPサービスの王者skypeは一体誰の手に落ちるのか、またはこのまま独立した存在として発展を続けるのか・・と様々な憶測があった中、やや意外なところから大ナタを振ってきたのがeBayであった。
とはいえ、PayPalの買収によってスマートな小額決済の仕組みを取り込み、シェアを拡大してきたeBayにおいては、skypeとのシナジーによるさらなるサービスモデルの強化、というのも全く分からない話ではなかった(少なくとも管理人にとっては)。市場の評価も当時はそれなりのものであったと記憶している。
しかし、あれから2年。ついにeBayは買収コストに見合ったメリットを手にすることができないまま、自らの戦略失敗を認めるに至ってしまった。eBayほどの企業が、ダイヤモンドのようなskypeを手にしたにもかかわらず、である。
改めてVoIPサービスをマネタイズすることの難しさ(インフラモデルとしてもサービスモデルとしても)、また巨大ビジネスの難しさを考えさせられた次第である。ま、管理人にとっては別世界の次元の話なわけだが。

それにしても、skypeを創業し世界中でブレイクさせ、企業価値が最大化したところで売却し、そして今またIPTVサービスである「Joost」を立ち上げて世界の耳目を再び集めているニクラス・ゼンストロームの才覚とバイタリティには感服せざるを得ない。シリアル・アントレプレナーのロールモデルとして、彼もまた後世に語り継がれる存在といえるのだろう。


▽2位

アップル iPhone発表
-engadget

振り返ってみれば2007年当初から話題をさらい、携帯業界に激震を起こしたAppleのiPhone。もう見飽きたと言われそうですが、やはり触れないわけにはいきません。
発表された時には管理人も心が震えましたが、しかしその後にiPodTouchが追って発表されると、ちょっと疑問もわいてきます。日本国内でもおそらく各キャリアが激しい争奪戦を水面下で行っていると思いますが、はたしてiPodTouchをすでに所有しているユーザーでもiPhoneが発売になればまたそれはそれで購入したくなるのだろうか?
iPhoneはマルチタッチポイントディスプレイなどガジェットとして優れているだけで、携帯電話としてはメモリースロットなどもないし、それほど優れているようには思えなくなってきている。スタイリッシュなデザインとクールなI/Fから、1台は所有していたいと確かに思わせるが、それはiPodTouchでも満たされるし、ワンセグやGPSナビなど機能面では国内の携帯もかなりのレベルに達している。
おそらく国内で発売になっても(そもそもの課題も多いが)、ある程度は売れるだろうけど、iPodTouchの後ではアメリカ本国同様、爆発的ヒットにはならないのではないかなぁ。


▽3位

Googleの野心的「OpenSocial」APIの詳細判明
-TechCrunch

Googleが提唱し始めたSNS向けの共通API規格、「Open Social」。
これにMySpaceやLinkedIn、日本ではmixiといった、簡単に言ってしまえばFacebook以外の主要プレイヤーが賛同を示した(とりあえずは)。
外部ディベロッパーによるアドオンアプリ開発という手法によって盛り上がりを見せるFacebookに対して、Googleが打った大きな一手。
“オープン化”と”差別化”というある意味相反する課題に対して、SNSを提供する各企業はどういった進化を見せていくのか? ブログも含めてCGM/UGCの今後というのは非常に興味のあるテーマである。
ちなみに、Google自身によるSNSは、Orkutやナイキとコラボレートしたサッカー特化型SNSのJoga.comなど、今までまともにいったものはないというのが個人的な認識(特にJoga.comの運営はひどすぎる)。それでもこうして核心部分の舵取りをコントロールしていけるのはGoogleならではというか、これもハイコンセプトの時代ということか。



さて、来年はどんな新しいサービスやテクノロジーが登場するのでしょうか。
これからも興味深く観察していきたいと思います。

0 comments.